成田空港の機能強化は県政最大のテーマ

 成田国際空港の機能強化に伴う具体案が示され、今後の千葉県政にとって最大のテーマに浮上してきました。これまで機能強化について検討してきた国と成田空港会社(NAA)は、県及び地元9市町による「四者協議会」を9月27日に千葉市内で開催し、NAAが第3滑走路を山武郡芝山町に建設する方針などを初めて公に発表し、大きく報道されました。
 
 それによると、3本目の滑走路は、B滑走路の南東側、芝山町の区域に3500メートルの規模で設置され、B滑走路も北側に現在より1000メートル延長される計画。これによって、空港の敷地面積は約1000ヘクタール拡大することになります。
 
 また、発着時間もこれまでの午前6時から午後11時までだった時間制限が緩和され、午前5時から翌日の午前1時まで3時間の延長が提案されました。国とNAAは、この計画によって年間50万回の発着容量を目指しており、騒音影響範囲(コンター)も示されました。
 
 そもそも、成田空港の機能強化策は、羽田空港の国際化に伴い、グローバル化する国際社会の航空需要に対応した新たな国際空港としての機能強化が求められていたからです。成田空港が世界に通用する国際空港になることは、千葉県だけでなく、日本の発展にも重要な要素であり、地域の活性化にとっても大きなインパクトを与えるものと期待しています。
 
 四者協議会では、県と周辺9市町は、地域住民への丁寧な説明を条件に、NAAが機能強化の具体的な検討作業を進めることを承認し、確認書を取り交わしました。
 
 しかしながら、この計画によって新たな騒音コンターの区域内に約2千世帯が含まれることや、未買収地もかなりの面積に上ることから、再び空港闘争の歴史が繰り返されることがないよう、地域住民への慎重で丁寧な説明が求められます。県議会としても、国やNAAに対しこうした要望を行っていくつもりです。