6月県議会が開会中です

 梅雨のさなかで、雨模様や曇り空の多い天候が続いていますが、7月に入ると間もなく高校野球の地方大会が始まります。梅雨明けの空に高校球児の球音が響く日も近いと思います。

 県議会で申し上げれば、今まさに6月定例議会の真っ最中です。開会は6月15日でしたが、閉会は7月12日の予定で、現在、予算委員会も開かれています。常任委員会は7月4日から順次開催されます。私の所属する総務防災常任委員会は7月6日の予定です。

 今議会の議案は、平成29年度の一般会計補正予算案をはじめ、各種条例案など20議案、報告16件です。第1号議案の補正予算案は、総額で964億3325万余円の追加増額予算で、千葉県の予算総額は1兆7261億円余りとなります。

 補正予算の事業内容は、今年度の当初予算が知事選の関係で「骨格予算」で編成されたことから、補正予算は森田知事の政策的事業費を盛り込んだ「肉付け予算」となりました。

 県議会の冒頭であいさつに立った森田知事は「政策的判断を要する経費や、新規事業、投資的経費のうち新規着手分などを計上した」と肉付け予算であると説明し、各種事業内容を述べるとともに、「くらし満足度日本一」の実現に向けた事業費を計上したと力強く語りました。

 また、6月27日には、私が会長を務める県議会のスポーツ振興議員連盟の総会が開かれ、東京オリンピックの新種目に採用されたサーフィン会場の視察日程などが決まりました、スポーツ振興議連については、また詳しくお知らせしたいと思います。